会員登録はこちら

メルマガ会員募集中

関とら本店は、この度リニューアルすることとなりました。これまで以上に、下関からお届けするとらふぐたちをもっと便利にもっとお得にお届けできればと思っています。大変ご面倒おかけいたしますが、再度の会員登録をお願いいたします。

TVで紹介されました。海と丘の豚!しゃぶしゃぶ贅沢セット

価格帯で選ぶ

関とらコラム、てっさ・てっちりの美味しい食べ方

カテゴリーで選ぶ

営業日カレンダー

2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

※土曜、日曜、祝日は定休日のため
お電話でのお問い合わせはお受けできません。
メールにてのお問い合わせは、翌営業日のご返信となります。

 

本当に美味しいちり鍋の食べ方

プロ直伝の【美味しいてっちり】と【美味しい雑炊】の作り方を動画で紹介!

①美味しいてっちりの作り方

②てっちりの〆は雑炊で!

季節限定鍋奉行とらふぐちりセット販売開始!ご注文はコチラ

プロ直伝の【美味しいてっちり】と【美味しい雑炊】の作り方

  1. ① 鍋に適量の水をはり、出汁用昆布(またはふくちりスープ)を入れ、火をつけ、強火で沸騰したら昆布を取り上げます。

  2. 生の白子

    ②(白子がある場合)
    白子を鍋に入れ、再沸騰したら、弱火にし、白子が煮えたら、取り上げポン酢でお召し上がりください。(ポン酢にはお好みで刻み葱、もみじおろしを加えてください。)
    ※灰汁(あく)が出ますので、その都度おたまで掬い取って下さい。

    煮た白子

  3. 煮たすき身

    ③(すき身がある場合)
    強火にし、沸騰したら鍋の中にすき身(身皮)を入れ、再沸騰したら弱火にし、すき身が煮えたら(丸まってきたら)、取り上げ、ポン酢でお召し上がりください。
    ※灰汁(あく)が出ますので、その都度おたまで掬い取って下さい。

  4. つみれ

    ④(生つみれがある場合)
    強火にし、沸騰したら鍋の中に生つみれをスプーンでとりわけながら入れます。再沸騰したら、弱火にし、つみれに火が通ったら取り上げ、ポン酢でお召し上がりください。
    ※灰汁(あく)が出ますので、その都度おたまで掬い取って下さい。

  5. ふくのあら、切身

    ⑤ 強火にし、沸騰したら鍋の中にふくのあら、切身を入れ、再沸騰したら、弱火にします。ふくに火が通ったら取り上げ、ポン酢でお召し上がりください。
    ※灰汁(あく)が出ますので、その都度おたまで掬い取って下さい。

    ”関とら鍋奉行直伝”のポイント
    お鍋に入れる具材は、1種類ずつ!
    ふくを先にお鍋に入れ、お召し上がりいただき、
    その後、その他のお野菜など全ての具材をいれてお召し上がりください。
    それぞれの良さを最大限引き出して最高の美味を楽しめます。

  6. ⑥ 取り皿のポン酢を捨て、新しくポン酢を取り皿に入れなおします。(お好みで刻み葱、もみじおろしを加えてください。)

  7. ⑦ 強火にし、沸騰したら春菊をしゃぶしゃぶでお召し上がりください。

  8. ⑧ 鍋にその他の具材(白菜・しめじ・ねぎ・しらたき・豆腐など)を入れ再沸騰したら弱火にし、具材に火が通ったら、取り上げてポン酢でお召し上がりください。

  9. ご飯の上に溶き卵を注ぐ

    ⑨ 強火にし、沸騰したら鍋にご飯を入れます。ご飯の表面がのぞき始まるまで出汁を掬い取り、再沸騰したら弱火にし、食塩で味を調えます。その後、溶き卵を注いでください(かきまぜないこと)。その後火を止め、鍋に蓋をし1分程度蒸らします。

  10. ⑩ ふたを開け、「の」の字を書くようにポン酢を注ぎ、混ぜないで取り皿に取り分けます。
    ※溶き卵・ぽん酢をかき混ぜないことにより、食べる箇所で様々な味をお楽しみいただけます。

    ポン酢を注ぐ

    雑炊